腸内が綺麗になる乳酸菌

一時期『腸内美人』という言葉が流行した通り、腸の中の美しさは外面の美しさにも影響します。
腸の中を綺麗な状態に保つことを気にする女性は多いものです。
やはり、腸内環境が乱れてくると肌荒れや肥満、むくみといったものにつながります。
常に腸が美しい状態をキープすることに大きくかかわるのが乳酸菌です。

人間の腸の中には大きく分けて二つの菌、善玉菌と悪玉菌、日和見菌というものがあります。
日和見菌というのは善玉菌と悪玉菌の状況に応じてどちらの味方をするか決める菌のことです。
善玉菌は名前の通り体に良い働きをする菌で腸の調子を整えたり体の免疫力活性化に努めてくれます。
悪玉菌は有害物質を生成するのですが、善玉菌が活発であれば悪玉菌の働きを抑制してくれます。
この善玉菌の一つが乳酸菌です。
厳密にいうと乳酸菌と言う学名はないのですが、通名として乳酸を生成する菌をまとめてこう呼んでいます。

乳酸菌の代表的な働きが腸の調子を整えるhttp://www.sensor-nets.org/yoibuxtusitu.htmlことです。
腸の調子が良くなれば老廃物がきちんと排出されるようになります。
体内の老廃物をきちんと出すことが出来なくなると新陳代謝が悪くなり肌荒れやむくみを引き起こしてしまいます。

乳酸菌には糖の分解をして乳酸や酢酸を生成するという働きがあります。
ここで生成された乳酸や酢酸が腸を刺激し排便を促してくれるだけでなく、便の水分量の調整をする働きもあります。
水分が少ない便は排出されにくくなり便秘の原因になります。
水分量の調整がされることで便秘が解消されスムーズに排便できるようになります。

このように乳酸菌には腸内を綺麗に保つための働きhttp://www.clubhealthconference.com/tyounaikannkyou.htmlがたくさんあるのです。
便秘を解消して腸内を美しく保つためには乳酸菌を多く含む食事を摂るだけでなく食物繊維も合わせて摂るようにしましょう。
食物繊維が繊維質のため便の量を増やし腸の活動を活発にして排便を促しくれることは有名です。
それ以外にも実は食物繊維は乳酸菌のエサとなります。
そのため、食物繊維を摂ると乳酸菌が腸内に増え、腸の活動がより活発になり腸内を綺麗に保つことができるのです。

多くの女性がダイエットを行っていると思いますが、健康的に痩せるなら乳酸菌を用いたダイエットをおすすめします。