整腸作用以外の乳酸菌の作用

乳酸菌を摂ると便通が良くなると言うのは誰もが知っていることです。
これはもっとも有名な役割ですが腸内環境が整うと他にもたくさんの効果があるのです。

腸内環境が悪い時、つまり便秘をしているときには様々な不調が起こります。
特に女性は便秘をすると肌荒れをしたりむくみやすかったりする人も多いでしょう。
これは便秘によって老廃物が腸に溜まるために起こります。
排便がスムーズになると腸に老廃物を溜めなくなるのでニキビや吹き出物ができにくくなります。

また、水分が体外にきちんと出るようになるのでむくみも減るのです。
ニキビやむくみの症状が改善できてくると体内で正常にデトックスが行われるようになったと言うことです。
デトックス効果で新陳代謝がスムーズに行われるようになります。
そうすると血行が良くなるため、顔色がよくなりくすみも取れて見た目も若くなります。

また、腸内環境が整うと善玉菌と悪玉菌のバランスも適正になります
善玉菌と悪玉菌のバランスが適正になると善玉菌が元気に活動するようになります。
そうすると免疫力が上がります。
季節ごとに風邪をひいたり疲れやすい人は免疫力が落ちている場合があります。
これは免疫力が低下しているのが原因です。
免疫力が上がると風邪をひきにくくなったり、アトピーが出にくくなったり疲れにくくなります。

善玉菌が活発になることで発がん性物質の生成を抑制することもできます。
悪玉菌と言われるものには大腸菌やブドウ球菌などが含まれます。
おならがくさくなるのは腸の調子が悪く、このようなときには悪玉菌の活動が活発な時です。

悪玉菌の活動が活発になると有害物質を生成するようになります。
その中に発がん性物質があるのです。
ですから悪玉菌の活動を抑制することはがん予防につながるのです。

このように乳酸菌を摂ることは様々なことに効果http://www.ohiomattressrecovery.com/k_0008.htmlを発揮します。
そしてその効果は老若男女問わず様々な人にとってうれしいものです。
是非、食事の中で積極的に乳酸菌を摂取して健康な体を作りましょう。