サプリメントで摂る乳酸菌

乳酸菌は便秘予防以外にもたくさんのことに効果を発揮するため毎日摂取したいものです
そのためには発酵食品をたくさん摂るとよいのは有名です。
しかし、発酵食品であれば何でもよいわけではありません。
生きた乳酸菌が腸まで届かなければ意味がないのです。

まず、乳酸菌には植物性と動物性があります。
植物性は糠漬けやキムチ、ピクルスと言った漬物や納豆、醤油やみそがあります。
動物性はチーズやヨーグルトと言った乳製品があります。
そのため、便秘の人はヨーグルトを食べれば良いとよく言われます。

しかし、動物性乳酸菌は胃酸で死滅してしまい腸まで届かないものがほとんどです。
最近では生きたまま腸まで届くものもあります。
きちんと『生きたまま腸まで届く』という表記があるものを選ばなければなりません。
植物性乳酸菌の多くは生きたまま腸まで届きます。

しかし、納豆や漬物は匂いやクセがあるため苦手な人も多いです。
そして、一人暮らしの場合はなかなか摂取が難しいものです。
そこでお勧めなのがサプリメントhttp://www.magnumarchive.com/sapurierabi.htmlでの摂取です。

サプリメントは毎日決められた量を飲めば一日に必要な量がきちんと摂取できます。
そして、朝ご飯を食べない人もさすがに家を出るまでに水分は摂るものです。
その時に飲めばよいので習慣づけることも難しくないものです。

万が一飲み忘れても持ち運びができるため気付いた時に飲むこともできます。
そしてサプリメントの最もよいところが生きたまま乳酸菌が届くところです。
サプリメントであればコーティングがされているので胃酸で溶けることがないのです。
また、サプリメントに含まれる乳酸菌が植物性のものを選べばより腸に効果的です。

店頭には様々な種類のものが販売されています。
粉末タイプもありますし、錠剤やカプセルタイプもあります。
飲み物に混ぜて飲むほうがよいなら粉末、持ち運びや手軽さを優先するようなら錠剤を選びましょう。
そして、金額や成分をみて自分に合ったものを選びましょう。