乳酸菌を含んでいる物

乳酸菌が体に良いと言うことはテレビや雑誌でよく目にするので有名なことです。
しかし、乳酸菌が含まれているものを摂れば何でもいいわけではないことはあまり知られていません。
動物性と植物性があり、植物性の方がより腸には良いのです。

乳酸菌が含まれているものと言うとすぐに浮かぶのは乳製品です。
チーズやバター、ヨーグルトに含まれていますがこれらは動物性です。
動物性乳酸菌は酸に弱かったり他の微生物との共存が難しかったり温度変化に弱かったりと言う弱点があります。
そのため、腸に到達するまでに多くが死滅してしまうことがあるのです。

植物性乳酸菌が多く含まれるのは漬物や納豆などが有名です。
植物性は動物性とは違い酸や塩分、温度変化にも強く様々な微生物とも共存が可能です。
生命力が強いため、その多くが生きたまま腸に届くことができると言われています。
漬物も昔から日本にある糠漬けだけでなく外国のものでも可能です。

ザーサイやピクルス、キムチも植物性乳酸菌が含まれています
そして、最近流行った塩麹や甘酒にも含まれています。
調味料である味噌や醤油にも含まれていますから日本人の食卓には乳酸菌を多く含む食品がたくさんならんでいたのです。

最近では食事も洋風化してしまいこういった日本人が昔から食べていた和食を食べることも減りました。
一人暮らしだと外食も多くなりがちですし、発酵食品は癖があるため好き嫌いも分かれます。
そのため毎日の食事で必要量をきちんと摂るのは意外と難しいものです。
毎食ごとに一つは発酵食品を摂るのが理想ですが難しい場合にはサプリメントでの摂取も考えてみましょう。

乳酸菌を摂ると体に良いことがたくさん起こります。
代謝があがるため、肌が綺麗になったりむくみが減ったりダイエットにも効果があります。
また、免疫力が上がって病気をしにくくなります。
疲れにくくもなりますから、老若男女問わず誰にとっても良い効果があるものと言えます。
乳酸菌を食事http://omolo.jp/syokuhinn.htmlから摂れればそれが一番理想ですが、難しい場合はサプリメントでも摂るほうが体にとっては良いと言えるでしょう。