動物性生クリームにある乳酸菌

一般的に『乳製品=乳酸菌』というイメージがあります。
たしかに、動物性乳酸菌が含まれる食品は乳製品が大多数です。
私たちの食事は洋風化して和食離れが進み乳酸菌の摂取量が減ったと言われています。

昔は食卓に納豆や糠漬け、味噌汁を毎日食べていましたし醤油も毎日使われていました。
しかし、洋風化したことで多くの人が毎日何か乳製品を食べています。
乳製品であれば何でもよいのであれば和食と同じくらい乳酸菌を多く含む食事ができているはずです。
では、実際はどうなのでしょうか。

まず、乳製品でも特に良いとされるのがヨーグルトです。
動物性の乳酸菌http://www.macawapp.com/doubutuseitosyokubutusei.htmlは菌が生きたまま腸に届かないと言われますが、乳酸菌が生きたまま腸に届くものもあるためです。
そのため、最近ではさらに注目を集めていて、飲むタイプも販売されていたりもします。

他にも乳酸菌を含む乳製品として有名なのはチーズがあります。
この二つに共通することは発酵食品であることです。
どちらも牛乳を発酵させて作っているのです。

では、バターや動物性生クリームはどうでしょうか。
これらはチーズと同じような作り方をしますが、残念ながら製造過程で発酵はしていません。
絞った牛乳を放置しておくと脂肪分が浮き出て層ができます。

これを使ってバターやチーズ、生クリームが作られます。
チーズはこの作業の後発酵をさせますが、バターや生クリームは発酵をしません。
しかし、バターや生クリームでも発酵したものが販売されています。

発酵バターやサワークリームがバターや生クリームを発酵したものです。
これらは発酵しているので乳酸菌を含みます。
パン屋さんやケーキ屋さんのような専門店、フランス料理ではこれらを使うこともあります。
しかし、独特なクセがあるため家庭料理ではあまり使われません。

しかし、バターも生クリームもタンパク質を多く含み体に良いものです。
生クリームはラクトフェリンや乳糖も含まれています。
乳製品が全て乳酸菌を含んでいるわけではないですが、身体に必要なたんぱく質を含んでいます。
乳酸菌を摂りたい場合には同じ乳製品でも生クリームではなくチーズやヨーグルトの方が良いでしょう。